ピンクを取り入れた大人メイクで今っぽい仕上がりに!


大人の女性でも楽しめる新色

今年も春夏に向けて、たくさんの新色が登場しています。中でも今シーズン注目すべきカラーは、ずばりピンク。色とりどり並んだピンクは、見ているだけで気分が明るくなります。エイジング世代の女性の中には、ピンクを使うとまぶたが腫ればったくなるとか、唇が浮いて見えてしまうと感じる人がいるかもしれません。でも最近のアイテムは、透明感があって軽いものが多いので心配無用。40代以上でも、品のあるトレンドルックを楽しめるはずです。

美しさを引き立てるバランス

ピンクアイテムを取り入れるコツは、目もとと唇のバランスをとること。まず目もとにのせるピンクのアイカラーは、透明感のあるものを選びます。色をのせるのは、まぶた全体ではなく二重幅や目尻など狭い範囲に単色をツヤッとのせるほうが軽く明るい表情に仕上がります。締め色を使わない分、目の輪郭を強調するアイライン(ブラウンもしくはチャコールグレー)とマスカラは今シーズン、マスト。リップは目に色をのせた分、ヌードに仕上げてバランスをとります。

楽しみながらオシャレに

唇にピンクをのせる場合は、パールやラメがなく、ツヤのあるカラーをチョイス。唇が薄めの人は濃いピンクを避け、スモーキーなピンクを選びましょう。鮮やかなピンクを使うと、かえって唇の薄さが強調されてしまいます。唇にボリュームのある人なら、どんなピンクでも大丈夫。目もとは唇をピンクにした分、色を控えてヌーディに。アイラインとマスカラは、やはりマストです。目もとと唇のどちらにピンクをのせた場合も、チークはほんのり控えめに。リップは目もとと違う色調を持ってくると、オシャレに見えます。どこに使うにしても、幅広く入れすぎないように気をつければ、今っぽく仕上がります。

品川美容外科の死亡について調べる