意外に知らない!?美肌になるための上手な睡眠のコツ


睡眠前に刺激物を目に与えないようにする

日常生活の中で当たり前になってきている携帯電話やパソコンなどを寝る直前まで使用している人も少なくありません。しかし、より良い睡眠を手に入れたいと考えている場合、これらの刺激物はマイナスに影響させてしまうこともあるので注意が必要です。パソコンの画面から発せられる光は人間の交感神経を刺激してしまう効果があるので、逆に目を覚まさせてしまいます。そのため、携帯電話やパソコンなどは就寝時間の1時間前には使用を終わらせることが望ましいです。

部屋の明かりは徐々に落としていく

睡眠の良し悪しを左右する物の一つに室内の灯りがあります。実際に目を閉じている状態であっても人間のまぶたはわずかな灯りも感知しているのです。そのため、部屋の灯りを点けたままの状態で眠ってしまうと、良い睡眠の妨げになってしまいます。おすすめは寝る直前までは神経を高ぶらせないように薄明かりの状態にして、寝る時は全ての灯りを消すことです。暗い中で寝ると不安に感じてしまう人も少なくありませんが、美肌を手に入れるためには、その生活に慣れることも必要になります。

入浴後はできるだけ早めに寝るように心掛ける

良質な睡眠を手に入れるためには、入浴後にすぐに寝る習慣を身に付けることも大切になります。これは人間は体が温まっている状態の方が寝付きが良くなることが理由です。せっかく入浴によって体が温まったのにいつまでも起きていて体が冷え込んでしまっては、布団に入っても寝るまでに時間が掛かってしまうことも考えられます。睡眠時間に分泌されると言われている成長ホルモンを有効に活用するためにも、入浴後は保湿やストレッチなどで体をほぐす程度に留めてすぐに布団に入ることが美肌を手に入れるためのポイントです。

品川美容外科の2chまとめサイト