夏はヘアケアにも気をつけたい!おすすめのヘアケア方法3選!


帽子で頭皮と髪の紫外線対策を

夏の紫外線対策はお肌だけではなくデリケートな髪にも対策をする必要があります。髪は紫外線に弱く長時間紫外線を浴びてしまうと、髪がゴワついたりパサついてしまったりとトラブルが発生しがちです。紫外線の強い夏の時期は帽子を活用して、髪を紫外線から守るのが重要です。髪をカラーリングしている方は、長時間にわたって紫外線を浴びると色が褪せて明るくなってしまいます。頭皮も紫外線には弱くフケやかゆみにも繋がります。帽子を活用することで髪と頭皮を紫外線から守ることが可能です。

髪がなるべく汗に触れないようにする

夏の時期は暑いので頭皮も汗をかきます。頭皮が汗をかくと毛穴が詰まってしまい健康な髪が生えるときに支障が出てしまいます。汗は髪の毛にもダメージを与えてしまうため、髪がなるべく汗に触れないようにすることを心がけることが重要です。頭皮に汗を多めにかいてしまった場合は、こまめに汗を拭き取って清潔な状態を保つようにします。夏の時期にはヘアケア用の清潔なハンドタオルを持ち歩くのもおすすめです。頭皮の汗をこまめに拭き取ることで髪と頭皮のダメージを減らすことが可能です。

海やプールに行ったらすぐ髪を洗い流す

夏には海やプールで泳ぐ方もいらっしゃるかもしれません。とくに海水は塩分を含んでいるので、海水で髪が濡れた状態が長く続いてしまうとキューティクルが剥がれ落ちてヘアダメージが大きくなります。海水に触れた髪は、ゴワゴワとした手触りの髪になってしまいがちです。プールの水も塩素を多く含んでいるので、海水と同じく髪にダメージを与えます。海やプールで泳いだあとは、髪をシャワーですぐに洗い流してタオルでよく拭き取ってから、乾かすようにすると安心です。

品川美容外科の死亡まとめサイト