今さら聞けない、美容洗顔の基本について!


伝えたい洗顔の豆知識

勘違いしがちですが洗顔の目的は「汚れ」を落とすことです。
洗い流すのは不要なものであって、うるおいのための皮脂は肌に残さなくてはいけません。皮脂は毛穴の中にあるテカリの原因となるもので、悪いものと勘違いされがちです。ですが皮脂には肌のうるおいを維持する効果もあり、過剰に洗い流してしまうと「乾燥」につながります。
乾燥してしまうと肌は余計な皮脂を出してしまい、それがニキビや肌荒れの原因を作ってしまいます。

正しい洗顔の方法とは

自分の肌になるべく負担をかけずに正しい洗顔をすることで美しい肌を保つ秘訣になります。洗顔を始める前に必ず自分の手を入念に洗いましょう。汚れた手で洗顔を行ってしまうと顔に手の中の菌が付着してしまいます。
洗うときはぬるめのお湯で、洗顔料をよく泡立てましょう。顔を行っている最中でも手の平に泡を絶やさず、力を入れず優しくもむように洗いましょう。必要以上に力を入れて洗顔をすると肌に負担をかけてしまいます。コツは手で直接洗うのではなく、泡で顔をなでるイメージです。汚れや余分な皮脂がたまりやすいのは鼻すじや額で、指で泡を回すように洗ってください。
仕上げは洗顔料が残らないようにしっかりと洗い流します。清潔なタオルで水分をふき取ります。自然に乾かすのは肌によくないので避けましょう。一日に何度も洗顔するのも乾燥を引き起こすので、決められた回数を守りましょう。
肌の手入れは毎日のケアによって維持できるものですので、大切な肌を守るためにがんばりましょう。

品川美容外科の死亡について詳しく