これで安心!正しい知識で正しく日焼け止めを使おう


日焼け止めは正しく行おう

日焼けは多くの女性の天敵です。しかし意外にも間違った日焼け止めの使い方をしている人が多く、もしかしたら効果がない場合があるかもしれません。正しい日焼け止めの知識を学び、日焼け止めを十分に活用しましょう。

日焼け止めクリームを使うタイミング

日焼け止めを使うにはタイミングがあります。最も効果があるとされているタイミングがスキンケアの後です。つまり、化粧水を使った後に日焼け止めを使用し、その後にメイクをするという順番になります。スキンケアの前に日焼け止めを使う人が多いのですが、実は効果を最大限に引き出すことが出来ません。少し順番を変えるだけで大きく効果が変わるのでぜひ意識して実践してみましょう。

SPFの意味を正しく理解しよう

日焼け止めの商品には必ずと言っていいほどにSPFの数値が記載されています。一般的にSPFの数値が高いほど日焼け止めの効果があると考えられているようです。確かにその認識は間違ってはいないのですが、正しくもありません。SPFというのは紫外線を遮断できる時間を示す数字です。SPF1につき約20分の効果があります。なので、例えばSPFが30の商品であれば、その商品には20分×30=600分の効果があるということです。つまりSPFの数字は紫外線の強さに対応する数字ではなく、紫外線に耐えられる時間を示しています。あまり長い時間外出しないのであればSPFの数値は低くても構いません。むしろ、あまりにもSPFが高いと肌にダメージを与えてしまう可能性もあるため、程よい数値の商品を使うのがベストです。

品川美容外科の起訴について詳しく